スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京の女も ニュースを見るのよっ。 その21

おはようございます、secretです。
今朝の東京は、快晴です!
日曜日にふさわしい、気持ちよく晴れ上がった
暖かい陽気です。
これだけお天気がいいと、それだけで 今日は
きっと素敵な一日になると なんとなく信じて
しまいますね。

『WTO年内合意を「誓約」 APEC、リマ特別声明』
(23日 朝 共同通信)
ペルーのリマで開かれたAPEC(アジア-太平洋
経済協力)首脳会議は22日午後(日本時間 23日
早朝)、WTOドーハ・ラウンドの細目合意を
「来月達成することを誓約」と明記したリマ特別声明
を採択、初日の討議を終えた。
金融危機への対応での協力も合意。

『日米同盟の強化確認 ブッシュ大統領と会談』
(日時不詳 共同通信)

『6カ国協議、来月上旬再開へ調整 日米韓首脳』
(日時不詳 共同通信)

『三菱自動車が国内全5工場で減産、人員削減も』
(22日 昼 共同通信)
三菱自動車、国内全5工場で減産。
非正規社員を1000人規模で削減。
08年度の減産 10万台超確実。

減産や規模縮小は一見 悪いニュースのようですが、
実は消費者の需要に応じた供給をする上で不可欠な
過程です。
逆に、需要減にもかかわらず減産、規模縮小しないと
アメリカのビッグ3のように 気づいた時には経営難に
なってしまうわけで・・・。

これまでの大量消費社会では 大量生産・大量消費、
売上も常に右肩上がりが理想とされていましたが、
現在では多くの製品が供給過剰、市場に余って
しまっている状況です。

これからの時代は、事業計画の際、理想の売上高を
計算するだけでなく
逆に『これ以上は利益は上がらないだろう』という
【限界売上高】も予測、それ以上は絶対に生産しない
製造体制が重要になる気がします。

私はもともと、この【限界売上高】理論を
お菓子やお酒、タバコ等の嗜好品の分野のものとして
考えましたが、どの業界もモノ余りの昨近、一般的な
製造業の世界でもあてはまるようですね。

『旧ユーゴの象徴、「国民車」の生産終了』
(22日 朝 共同通信)
旧ユーゴスラビアの象徴、生産終了。
国民車「ユーゴ」に惜しむ声。
70年代末から80万台生産。

いくら時代の流れでも、こういったニュースは
哀しいものです。


テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。